ブログ
ブログ

知れば知るほど面白い!日本とドイツの家の違い

2019/9/26

国が変われば家づくりも変わる。
日本の家づくりの考え方と、ドイツの家づくりの考え方の違いについて考えてみます。

 

 

日本の住宅は常に新しいものや個性をデザインに取り入れ、デザイン性や機能性の高さが特徴です。

リフォームして長く同じ家に住み続けるよりは、その時の家族構成や状況に合わせて新しく家を建て直すという考え方が主流です。

 

 

一方、ドイツではデザインよりも性能重視

新しく建て直すよりも、今ある住まいを活かしつつ性能も含め新しくリフォームしながら住み続ける人が多く、築年数50年以上の家は当たり前です。
エコボードを製造しているグーテックス社の近くには、ヒトラーが政権を担っていた頃に建てられた家もあり、築100年以上の家も珍しくありません。

 

日本とドイツ。建築業のGDPは同じくらいなのですが、日本は新築がほとんどなのに対し、ドイツはリフォームが大多数を占めます。

 

こうした違いがある要因として考えられるのが、住宅をめぐる歴史的背景や国民性です。日本は戦後焼け野原となりその後、高度経済成長を迎えました。そのため、どんどん新築住宅を建てていこうという考え方が浸透したかと思います。

 

 

ドイツも同じく戦場となりましたが、日本よりは被害が少なく古い家が多く残りました。そのため、昔からある家を補修しながら住み続けることができたのです。

また「新しいものをつくるよりも、古いものを長く使う」「デザインよりも性能重視」というドイツの国民性も関係しているかと思います。特に性能についてはこだわりが強く、賃貸情報には家の燃費情報(どれくらい光熱費がかかるか?)など必ず掲載されています。

2020年にドイツでは、新築・中古問わず建物に36cmの断熱材を入れることが法律で義務化されるほど、性能に対する考え方について徹底されています。

日本とドイツ。それぞれに良いところがありますが、性能に対するこだわりに対してはドイツのほうが圧倒的だと感じます。

そんなドイツの家づくりの考え方を取り入れた「エコハウス」

ぜひ、モデルハウスで性能の違いをご体感ください。