ブログ
ブログ

エコハウス×エコボード 出会いのエピソード

2019/6/25

こんにちは、エコハウスです!

 

私たちは木でできた断熱材エコボードを使った、断熱性が高い家づくりを目指しています。エコボードはもともとドイツの製品です。今回は、なぜ名古屋にいる私たちがドイツ製のエコボードを使うようになったのか、その経緯をお話します!

 

私たちは「環境に良い家を実現するためにどうしたら良いのだろうか?」と突き詰めた結果、「省エネ」と「長寿命」であるべきという結論に至りました。

 

次に考えたのが、「省エネで長寿命な家を実現するためにはどうすべきか?」ということです。その結果、「パッシブハウス」にたどり着きました。パッシブハウスとは「住宅の性能が高く、冷暖房を必要としない家」を指します。

 

日本では最近になって広まってきた考え方ですが、欧州では多くの家がパッシブハウスとなっています。そんな折、パッシブハウスの先進国であるドイツに行く機会がありました。

 

ドイツは北海道よりも緯度が高く、冬の平均気温は氷点下となります。にもかかわらず、家の中は驚くほど暖かいのです。ドイツでは日本で当たり前となっているグラスウールの断熱材やビニルクロスの使用が規制されています。そこで、「どんな断熱材を使っているのだろう?」と調査した結果出会ったのがエコボード。ドイツでは多くの家にエコボードが使用されているのです!!

 

高い断熱性はもちろん、遮音性、透湿性、防火性、遮熱性、メンテナンス性…どれをとっても従来の断熱材を上回るエコボードとの出会いは衝撃的なものでした。「日本の家づくりが変わる!」そう確信してエコボードを日本に持込み、2018年1月にエコハウスというブランドを作り上げたのです!!

 

まだまだ日本では馴染みが薄いですが、いずれエコボードが主流になるときが来ると信じています。そのパイオニアとなり、日本の家づくりを変えていきたいというのが私たちの夢です。

 

 

エコハウスを体感する
EXPERIENCE

学ぶ

実験し、学んで、遊べる新感覚の
モデルハウス

体感する

実際に一晩過ごしてみると
気づくこと

見る

ゆったりと
エコハウスの良さを感じる