私たちの想い

二十二世紀の家を創る。自然と共生し孫の代にのこすことができる「家」

⼆⼗⼆世紀の世界基準住宅を皆さまとともに創ります

これから建てる住宅は、建物⾃体の断熱性能を上げるだけでなく、省エネ型の設備機器を搭載しようという流れの中、住宅業界では⼀気に省エネ住宅がトレンドとなり、スマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が誕⽣。《省エネ》というワードが席巻する時代となりました。

私たちは「省エネ基準適合住宅の義務化」について勉強するようになってから「未来の家づくり」について考えるようになりました。これから数⼗年後の⽇本はどんな国になっているのだろうか?今の⼦どもたちはどのような家を建てるのだろうか?⻄暦2050年。⼈⼝は1億⼈を割り込み、少⼦⾼齢化は進み、労働者 1⼈が⾼齢者1⼈を⽀える時代に。消費税は何%?社会保険負担率…50%を超えているかもしれません。電気、ガス、灯油、ガソリンは、いくらになっているでしょうか?年収の半分以上を税⾦と社会保険料として負担し、光熱費も今より⾼くなる未来、新築の家を建てることは、よほど⾼収⼊でないかぎり難しそうです。

このような未来を想像したとき、私たち住宅会社が、今、取り組むべき課題は《省エネ》だけでいいのか?
今建てる家が30年後はもちろん、100年先までのこるようにするには、《省エネ》に加えて《⻑寿命》も不可⽋なテーマなのでは?と考えるようになりました。

「エコボード」にこだわりつくした⾃然素材だけでつくる超省エネ住宅

⼆⼗⼆世紀までのこる家づくり。そのためには、⾃然素材を多⽤し、極⼒機械化しないこと。そこで、着⽬したのが断熱材です。家の 70%を占める断熱材は、断熱性能はもちろん、家の寿命にも密接な関係があり、家の⽣命線と⾔われるほど、重要な役割を果たしています。

2015年、私たちは環境先進国ドイツで⼀番使⽤されている、⽊からできた断熱材「エコボード」と出会いました。⽊でなければ持ち得ない特性を⽣かした「エコボード」。やがて朽ち果ててしまう⼈⼯的な断熱材とは⽐較にならない、その圧倒的な価値を知ってしまった私たちは、もうほかの断熱材を選ぶことはできませんでした。家の外側を「エコボード」で取り囲み、⾃然素材だけでつくる超省エネ住宅。それが「エコハウス」です。

私たちはこのドイツの世界最⾼基準を取り⼊れた素材「エコボード」にこだわりつくすことで、時代に左右されない不変的な遮熱・断熱・気密性能による省エネ対策、そして、⾃然素材・健康素材によりいちばんきれいな空気を約束する健康対策、さらに透湿性能により結露を防ぎ、継続的なメンテナンスを可能にし、経済的に経年美化を⽬指す⾮劣化対策により、100年先もずっと安⼼して暮らせる家を提供いたします。

環境住宅研究所のお約束 Promise

01パッシブ住宅であること

パッシブ住宅とは

あなたは、パッシブ住宅と聞いてどんな住宅を思い浮かべますか?
何もしなくても空気が循環する。それがパッシブ住宅です。

ドイツでは「パッシブ住宅」とは、「空気が外から内・内から外に流れる家、外と中の空気が透湿する家」のことを⾔います。

家の70%を占める断熱材。この断熱材がどんな性能を持っているのかが、とても⼤事です。
そして、このパッシブ住宅は、透湿性の⾼い断熱材でなければつくることができません。

だから
私たちは、⽊からできた断熱材
「エコボード」しか使いません

私たちはやりません

家づくりには「使ってはいけないもの」、「使わねばならないもの」があります。
その見極めと、選択。そして決断が必ず、良い家づくりになると信じているからです。
そのため、私たちはやらないことを明言化します。

  • 繊維・石油系断熱材
  • アルミサッシ
  • サイディングボード
  • ビニールクロス
  • 新建材フローリング
  • 布基礎工法
  • 塩ビ製雨樋

02適正価格であること

値引きはいたしません

私たちの建てる家は、⼀律坪単価75万円。
厳選した素材を使った「標準の仕様」と、この仕様で建てた家だからこその「標準のスペック」をご提供します。

03設計事務所であること

設計事務所であること

パッシブデザインの要素を取り⼊れると、躯体、形、ひさしが制限されます。
でも、パッシブ住宅にするなら、パッシブデザインじゃないと。

私たちの家⽩書

2009年〜2019年の10年間に私たちが建てた家のデータです。

私たちの標準値

無駄な空間をつくらないからこれで大丈夫
延床面積
33.2
標準値のオーダー・オプションを入れた
平均建築工事費

(本体・照明・設計申請費)
2,750万円(税込)

【別途】屋外給排水・地盤改良・外構・エアコン・カーテン
一番いる場所をしっかりと作る
LDK面積
20.2
光や高さが生み出す開放感
吹抜け率
57.1
必ず家族が顔をあわせること
リビング
階段率
85.0

エントランスに生活感をなくしスッキリと
シューズ
クローク率
76.2
ストーブの暖かさは何ものにも変えられない
薪ストーブ率
14.3
キッチンを飾るこだわりの食器棚
木製
食器棚率
85.7
あると便利No.1です
パントリー率
47.6
料理が好きな方のこだわりです
ガスコンロ派
76.2

室内と庭をつなぐ
ウッド
デッキ率
100
できるだけバルコニーには屋根を
屋根付き
バルコニー率
94.1
建物の外観にこだわる人はつけません
バルコニー
いらない派
19.0

未来にのこすために
FUTURE

エコハウスを体感する
EXPERIENCE

見る

ゆったりと
エコハウスの良さを感じる

 

学ぶ

実験し、学んで、遊べる新感覚の
モデルハウス

 

体感する

実際に一晩過ごしてみると
気づくこと